【整備士向け】運転支援システムは本当に安全なのか?【メカニックTV】

危ない時に自動でブレーキを踏んだり同一車線を一定スピードで走る自動運転システムは安全なのか?がテーマ。

日本ではハンドルを離して運転するのは法律違反にあたります。自動運転といっても、実際はハンドルは持っていなければならず、居眠り運転も禁止されています。また、日本の法律レベルでは自動運転可能な道路がまだ限られています。

最近ではアクセルを離すとブレーキになり、ブレーキを踏まなくてもシフトが変えられる日産NOTEのe-POWERなどが登場しています。このような車に異常が出ると、暴走するのではなく制御ができなくなるだけなので、自動運転システムは一概に安全とは言いきれませんが、信用できるものだというのがメカドルの見解。また、このような時代の流れで整備士が不要になるのではと思われがちですが、レソリューションが潰れることはないとメカドルは話しています。